隠棲の徒然

街の片隅で静かに暮らす

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011年05月14日のメモ(京都)

8時頃起床
大阪より京都の方が涼しい気がする。気温のせいなのか、居住条件の違いのせいか。
大阪では鉄筋コンクリートのドヤで京都はプレハブベニア!?の宿なので外気温の伝達感度は大分違うと思われるけど。

それはともかく、適当にパンとか食べたり歯を磨いたりして9時前に出発
伏見区六地蔵のプールに向かい、9時30分頃到着。

プールは外光をたっぷり取り入れた設計でとても明るい。
往復コースも2コースだけで、後は自由に広々と泳げるので、色々練習できるのが良い。
休みという事もあるのか混んでいた。子供が結構多い、この辺りは新興住宅地なのかも。

水質は一応25m見通せるのでおk。
時間帯毎の入れ替え制なので、お昼まで泳ぐ。
ドライヤーや脱水機は無かった模様。
コインロッカーは50円で使えるけど返ってこない、貯金箱方式w
時間になると何故か蛍の光が流れるw

プールを出ると隣の図書館で二上山登頂について情報収集。
地図で確認すると大阪から行った方が大分近そうだ。
京都拠点からの遠征は効率が悪いと思った、次回に延期する方向で整理する。

図書館を出て飯でも食うかと思って、まん前にあるすき屋に入ってみたが、丁度昼時で混雑してて、待ってる人や、列を作っている人も多く何だかよくシステムが分からないので撤退した。

帰りの京都行きの列車には、土曜日の午後という事でお出かけのお姉さん方が多く乗ってくる。
二人組みのお姉さんが、ひざ掛けをして座ったりしてて何だかお上品でいい感じだ。
やっぱお洒落な人が多い気がする、モードな人もいるし。

地元に戻ってから、目に付いた中華料理屋でちょっと量が多いかなと思いつつもチャーハンとラーメンを頼んだら、チャーハンとラーメンの小セットというのが出てきた。量は少ないが、まぁまぁ美味しいのでおk。
京都六地蔵
※東福寺界隈の写真

宿で洗濯をする。洗濯機がコインランドリー方式ではなく、使用する時に宿の人に声を掛け100円を手渡しして洗濯機を貸して貰う方式だ。
コインランドリーなら安くても150円だからそれより安いのでちょっと手間なのは仕方ない事にしよう。おばあちゃんが対応してくれたんだけど、上品な感じなのが丸。
そういえば洗濯を終えつつある風情の比較的若め(と言っても年齢はよう分からん20代~30代かな)の女の人がいた、ここに泊まって何してんだろう。
西成のドヤでは女の人は見かけなかったけど、この安宿にはいるようだ。

洗濯の操作を終えて部屋でゆっくりしていたら、空は晴れてるのに、ほんの数分とは言え雨がザーっと降ってきたりして、京都らしい趣があると感じた。
午後は繁華街でうろうろしようと思っていたけど、疲れたのでベットで横になっていたら寝てしまった。
洗濯も終わっていたので窓を開けて、洗濯物を干したりする。

飲み物や食べ物を近くのコンビニで調達する。
今日は部屋でゆっくりすることにした。

TVでニュースを見たりPCに入れて来たmp3を聴いたりして過ごす。
銭湯に行く時ちょっと寄り道をして京都タワーを写真に撮る。
京都タワー
※手ぶれ&露出不足w

見る程に好きになるんですけど、夜暗めの京都にシュっと立っていて何か鮮やかに感じる。
明後日チェックアウトしたら京都タワーを見ながら近づいていく経路で京都駅に向かおうとフと考える。

それにしてもお湯で温まった体を、五月の夜風で涼みながら帰るのは気持ちいいや。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。