隠棲の徒然

街の片隅で静かに暮らす

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011年05月07日のメモ(大阪)

今日もちょっと遅い7時過ぎの起床、というか最近はこっちが普通か。
朝飯、玉出のこのカレーライス、かなり美味い。適度な辛味と甘味、コク、全く水っぽく無いし量もそこそこありつつ、しかもこの値段。イケル。
玉出カレー

語学をちょっと勉強した後、体を横にして暫しの休息。
そうこうして10時前くらいにドヤを出発。足の調子は悪くないみたい。

今日はまず悲田院町に行き、本屋にいこうと思ったが、ドヤを出て歩きだすと気が向いたという事なのか、何故だか急に「飛田新地」という色街の調査に行く事にした。
午前中だからお店もやってないだろうし、天気も良く(天気は関係ないか!?)危ない事もないだろうというお気楽な気持ちだ。
飛田新地
通りをそぞろに歩いてみたが、既に開店しているお店が幾つかあり、おばさん(所謂遣り手ババァ)と、若い子が座ってて、おばさんが呼び込みをする。兄さん!兄さん!、この娘今座ったばっかりよ、などと言った感じでお声が掛かる。
「今座ったばっかりよ」という謳い文句は、パン屋さんなら、このパン今焼きあがったばっかりよ!みたいな出来立てのホヤホヤというような意味でもあるのだろうか。

それは兎も角、結構可愛い娘がニッコリと笑いけかてくると、こちらとしてもニヤニヤして鼻の下が伸びるがまだ朝の10時前なのにお天等様に申し訳ない、俺は朝から何をやっているのだと反省したw
飛田新地2
※お店が軒を連ねています
嘆きの壁
※右側の壁が通称【嘆きの壁】だそうです。壁の向こうに見えている高層マンションは阿倍野区で再開発された比較的新し目の住宅地です。
百番
※右側の【百番】というお店は(飛田唯一!?の)本物の料亭だそうです

さて飛田新地がその佇まいといい相手を直接見て選ぶシステムといい非常に趣のあるいにしえの遊郭街だという事が分かったので、一路、天王寺駅に隣接した悲田院町に向かう。

悲田院は確か光明皇后が伝染病患者とかを収容して手当てをした日本最初の福祉施設のようなものだと日本史で習った記憶がある。
このような遥か昔に権力のトップの座の中にある人が自ら福祉事業を行ったという事を高校の時に習った時に甚く感銘した記憶が蘇る。

どうもここはその悲田院ゆかりの町のようだ(多分)。
しかし、辺り一帯を歩き回ったがそれらしき歴史旧跡は見当たらなかったので仕方なく悲田院町が記された町名のプレートに向かって、日本は今日高齢化社会となり老人介護の問題や医療費増大の問題、そして消えた年金問題等さまざまな福祉問題に直面している事、また東北を中心とした大地震で多くの民が疲弊している事を報告した。
悲田院町
しかしエロスを象徴する遊郭を調査した直後に、慈悲深い光明皇后ゆかりの悲田院町に行くというのも我ながら全くどうしようもない展開だと思ったりしたが、人間とは時に不条理と混沌の中で生きているものだなどと都合のいい事を思ったりした。

帰りに天王寺駅の側にある旭日屋書店にいったが、お目当てのコミックの品揃えがNGだったので喜久屋書店に寄って買った。
喜久屋書店のほうがその方面の品揃えも若干いいし、あたりも少しだが閑散としていて自分好みだ。

昼飯は買い置きしていたインスタントの「広島風お好みやきそば110円」を食す。
広島のお好み焼きは結構好きな事もあり、広島風ソースの使用が謳い文句となっていたのでどんなものかと気になり買っておいてのだが、本家のおたふくソースの風味は全くない。
お好み
単なる普通のソース焼きそばだったw、もう一個買ってあるのが今となっては悔やまれる。

飯を食って少し休んでいると部屋の中も暑くなってきたし何だか所在もないので出かける事にした。
今日は西成の屋内プールでもいってみるか。

という訳で大まかな位置をネットで確認して出発。
すぐ近くだと思っていたけど意外に歩いた。今日は結構暑いなぁ、夏日に近いんじゃないかな。
プールはちょっと分かりずらい所にあったが、お巡りさん、買い物中のお姉さん、たばこ屋のおじさんに聞いたりして何とか到着。
西成プール
システムは阿倍野区と同じように一回700円だった。
受付でロッカーの鍵をくれる。帰る時に返却してくれとの事。
しかし、この鍵が曲者で中々ロッカーが開かないのである。
四苦八苦してるところに、泳ぎ終わったおじいさんが登場し、こちらを注視している模様。
ここぞとばかりに四苦八苦を五苦九苦くらいの様相を演じていると、ちょっと貸してみってな感じで開けてくれた。流石は情にあつい大阪人だ。
ちょっとコツがあるそうで力に強弱をつけて回してみるといいらしい。
じいさん、ありがとう。

プールでは3時間余りたっぷり泳いだ。
一部で噂の特に気になる臭いも感じなくて良かった。
夕暮れの帰り道は日中の暑さも嘘のように収まっていてこの時期特有の涼しくて気持ちいい風が吹いていた。ちょっとした(というか堪らない)幸せを感じる瞬間だ。

帰り道、概ね方向は合ってる筈だったが、最後の詰めの辺りで不安になって来た。
こんなところ通って来たっけかな?
まぁ、しょうがないのでそのまま歩いていると何やら猥雑な人たちが目に入ってきだしたのでこれは大丈夫なんじゃ無いのと思って歩いていると、案の定あれよあれよと浮浪者風味の人だかりがあり、それが三角公園を示している事を了解して安堵とともに我がねぐらに帰還したのである。

今では恒例となった最寄の玉出でのご飯調達。
今日はいつもより遅い帰宅だしプールで泳いでシャワーも浴びてさっぱりしてるからお風呂はいいやとか思いながら帰ってきた。
ドヤで万歩計を確認すると今日もそれなりで1万9千歩以上だったけど足の痛みは感じなかった。復活の兆しかも。

晩ご飯は、前に食ってうまかった焼肉弁当にした。
熱々が美味いだろうと電子レンジを3分にセットして温ためたら、ケースは変形するわ、肉はカチカチに固くなるわで、全く予定外の余計な展開に見舞われたのだったw
焼肉弁当
やっぱりこれからは今まで通り2分間の加熱にしておこうと誓った。

それにしてもいい加減ドヤの宿泊予定が切れる10日以降の事、どうするか考えなきゃ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。