スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BCH(ビットコインキャッシュ)アドレスの新形式・旧形式間での送金

今月中旬に導入されたビットコインキャッシュの新形式のアドレスに送金しようとするとエラーとなる問題の回避方法について。

特にというか全くおすすめはしないけど、人柱的に試行してみたので記事にしておきます。

ZaifからBCHを先頭文字が"1"ではなく"q"で始まる新形式のアドレス宛に出金しようとしたら、無効なアドレスですとなったのでどうしたもんかと思っていたら、新旧の形式をコンバートするサイトがあったので無謀にも試してみた。

コンバートサイト:Bitcoin Cash Address Converter

上記サイトに新形式のアドレスを入れて「Convert」ボタンを押して、さらに「LEGACY」ぼたんを押すと、"1"から始まるアドレスに変換される。

ZAIFからそのアドレス宛に出金指示をして待つことしばし、トランザクションIDが発行される。

とりあえずは無効なアドレスとはならず、どこかに向かって出金されたらしいwww

問題は本当に自分のウォレットに着金するのかどうかなんだけど、すぐに受信中となって間もなく未承認から承認済みとなりことなきを得た。

しかし、上記のアドレス変換サイトが悪意の第三者に乗っ取られたらオワタ\(^o^)/ なのでまとまった額を送る気にはなれないところが痛いwww

因みにローカルにソースを落としてみて試しに"js"ファイルを見てみたけど、結構膨大なソースコードで解析する気も失せたwww

とりあえずは、旧式アドレスが使えるWalletを導入した方が身のためかも。



今更気づいたんだけどWalletはBitPayなんだから、どうせなら純正のこっちを使った方が良い気がする。値は同じだけどw
BCH ADDRESS FORMAT TRANSLATOR

しかし、そもそもBitPay Walletに、新アドレスだけでなく過渡期の暫定対応として旧アドレスもオプションで表示できる機能が搭載されてれば全ては丸く収まる話だったのか



Bitcoin.com の Wallet はスマホ版だけかと勘違いしてたんだけどデスクトップ版もありつつ、BCHのアドレスが"1"始まりっぽいので当面はこっちが正解かも知れない。

テーマ : 仮想通貨 - ジャンル : 株式・投資・マネー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。