スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新興国通貨 SWAP投資の末路

FXから遠ざかって久しいが最近はどんなもんかとチェックしてみた。

FXをやってた頃は主にSWAP投資をやっていたので高金利通貨の現状が気になるところだ。

大手のFX業者も普通に扱っている高金利の新興国通貨であるランドとかリラとかである。

・ランド/円 10年チャート
20171123_swap_01.jpg
レートは8円程度で、このレベルは前にも見たことがあるがSWAP投資の視点からするとやはり厳しいという他ない。

この10年チャートでもこの為替水準で含み損を免れる買いポイントの期間は僅かである。

SWAP投資は基本的に長期スタンスでの投資になるので、ランドのSWAP投資家のほとんどが含み損を抱えた状態ではあるまいか。

まぁSWAPを得ているのでトータルでの損益は別であるがSWAP投資といえど含み損はあんまり気分の良いもではない筈だ。

さらに言えば、ランド円はこのチャートの通り長期的に右肩下がりなのであまり明るい展望が持てないところがバッドである。

・トルコリラ/円 10年チャート
20171123_swap_02.jpg

リラ円についてはランド円以上の勢いで値を下げているようだ。

何と28円台である。

私は過去に50円くらいの頃に割安感につられて買って下げ続けることに怖れをなして40円台で損切りして撤退したことがあった。

しかし、今では30円も切ってしまっている。

SWAP投資家でトルコリラを今もホールドしている人は、下がりゆくリラをナンピン買いして含み損の雪だるま状態の人が多いのではないかと思う。

ネットでググッてみると確かに大損こいて損切りしている記事が幾つもあるな。

幾ら高金利でもそれ以上に本体が下落しては「俺は一体何をやっているのか?」状態だろう。

トルコリラも対円で下げ続けている通貨なので将来的な展望は見えないのではないか

・オーストラリアドル/円 10年チャート
20171123_swap_03.jpg

ランドやリラは惨憺たる様相だが、今のところまともそうなのがオーストラリアドルである。

ここ10年ではリーマンショックでのナイアガラ以降上げたり下げたりのBOX圏での上下動なので比較的安心してホールドできそうである。

事実私自信もSWAP投資をやっていた頃に一番安心して持っていられる通貨だった。

金利的にはリラやランドに比べて低いが持続可能性の高い投資先である(多分)。

自分はFXから引退状態なので何とでも言えるんだけどwww

いずれにしても今は色んな金融商品を手にできるのでFXのSWAP投資家は他を検討してみるのもいいのではないかと思われる。

おしまい

テーマ : FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル : 株式・投資・マネー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。