スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仮想(暗号)通貨超概要(後編)

概要(後編)などと銘打ってますが、仮想通貨に触れた時の個人的な懐疑や考えた事について記しておきます。

同じような疑問や印象を待たれる人も多いのではと予想します。

・ビットコインで考察する仮想通貨とは

現状ではビットコインが仮想通貨の基軸通貨とも言われて、1単位当たりの価格が仮想通貨中おそらく最も高価であると同時に時価総額もトップです。

さて、そこでビットコインが他のアルトコインに比較して価値が優位であることの裏付けは何だろうか?

・・・と考えた時に後発のコインの方が転送速度が早かったり、仕様的なプラスαがあったりして寧ろ優れていると考えられる点が多々あります。

支払いが可能な店舗等の数ではビットコインが先行している面がありますが、それも程度問題であって法定通貨のようにそれで日常生活が送れるようなモノではありません。

仮想通貨の存在価値はどう贔屓目に見ても現状では良くて投資、冷静に考えれば投機の域を超えていません。
基軸的位置付けのビットコインでさえこうなので、アルトコインは更にその上という事になります。

それで、改めて眺めてみるにビットコイン人気というのは先行者の利得というか、仮想通貨のフロンティアを拓いて話題化(人気化)し、人気が人気を呼ぶことで価値を高めているとしか思えないのです。

というのも、ビットコインというのはコードというかプログラムなので簡単に複製が出来ます。
誰かがある日、ビットコインと同等の仕様のコインを仮に「ビットコイン2」などと名付けて発生させる事が可能です。
通常、同じ通貨が2倍の量になれば価値が半減しますがビットコインはどうなのか?

ここからは想像が入りますが、ビットコインでは価値が半減しないと思われるのです。
不思議なんだけども、同じ仕様で流通しても全く別物として認識されビットコインの価値の毀損は発生しない。
仕様はまったく同じでも厳然として別物、ブロックチェーン管理で2つの仮想通貨が交じり合うことが論理的にあり得ないから当然なんですけど、法定通貨を基準に考えると当初はどうにも不思議な気がしていましたが、取引所が扱うかどうか、マイナーが相手にするかどうか、全てが人気投票の世界です。

・仮想通貨の本源的価値

仮想通貨は金に似ていると言われたりしますが、金は物質としての価値、産業用途などがありますが仮想通貨にはモノとしての価値はありません。モノとして存在しないので当然ですが・・・

その点では法定通貨のように国家の裏付けがなければただの紙切れという紙幣に近い感じもありますが、国家の裏付けもないので、ないない尽くしです。

やはり最後に残るのは単に人気があるから、買う人がいるから、価値(値段)が付いている。という事実のみです。
若干の店舗での支払いや送金という実需があるとしても、それは現状では価値の本質では無いですよね。

「皆ながいいと思うから、いい」 「価値があると思うから、価値がある」

共同幻想という状況ですけど、人間社会というのは基本的にはコレで出来ているのでこれで案外いいのかも知れない。

チューリップバブルを例に引く人もいますが、今後の展開はまだまだ分からない。

・仮想通貨が法定通貨を駆逐する可能性

仮想通貨は管理主体がいない通貨という発想で世に出てきたモノですが、一方法定通貨は基本的に国家(中央銀行)が管理・発行する通貨であり国家は通貨の量や政策金利を使って金融政策を行い経済を安定させています。

通貨主権という言葉があるように法定通貨は国家の武器というか金融・経済政策になくてはならない重要な存在です。

ここから言えることは、国家がある限り管理主体のない仮想通貨が法定通貨に取って代わる可能性はゼロであるということ。

中央銀行は無から有を生む利権を保持しています、これを簡単に手放す筈は絶対にないと考えるのが合理的です。

・・・無いと言い切ってしまいましたが、そうとしか思えないのが個人的な感想です。

西ヨーロッパ、特に北欧の国などで実物の通貨(紙幣や硬貨)の使用を減らして電子マネーに移行していく流れがあるようですが、国家がブロックチェーンの技術を使用ないし応用して仮想通貨のような法定通貨を発行する未来はあるかも知れません。

・仮想通貨の未来

書いておきながらですが、これは全く分かりません。

目先として今後SBIやDMMなどの知名度の高い企業がマイニングをしたり取引所を開設したりして注目度を集めることは確かで、大手が参入するのなら自分もひとつ買ってみるか?という感じで資金が流入する可能性が高いです。

中国など規制に乗り出す国家もありますが、世界的なすう勢としては特に規制強化という流れがある感じでもない。
尤も秘匿性の高い仮想通貨などは犯罪の温床になるとして規制される可能性が高いですが・・・

・投資・投機としての用途
・自国通貨が信用できないような国家では、これまでならドルに替えておくなどの措置が有効でしたが、今ではビットコインに替えて持っておくなどの用途
・国際送金としての用途
・店舗での支払い用途(これはこれから)

実需としては、現状どうしても仮想通貨でなければできない・有利でないという場面がほとんどありませんが、こればっかりは今後どうなるかですね。

・仮想通貨の醍醐味

兎に角、これまでになかった概念であり、存在なので行く末は誰にも分かりませんが、これを新しい社会実験として眺めてみるとその時代の目撃者として見守るというだけでも十分に面白いと感じています。

陰謀論ではないですが、社会変革(一説には破壊とも言う)としてのツールという見方ができないでも無いです。

非国家的・超国家的というのは、かつての共産思想とかニューワールドオーダーとかが脳裏をよぎったりしてベーシックインカム同様に若干の胡散臭さを感じたりもしますが、取り敢えず個人的には2ch発の至高のネタ通貨であるモナコインあたりを握り締めつつこの時代の人間として仮想通貨の成り行きを生暖かく見守りたいと思う次第ですw

テーマ : 仮想通貨情報 - ジャンル : 株式・投資・マネー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。