スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

香港旅行(日本 → 香港編)

暫くブログを休止しておりましたが、ボケ防止&旅行の簡易的な備忘録をつけたくなったので再開してみます。・・・ということで宜しくお願いします。

2017年の秋口に香港で数日間滞在しました。

これが人生初の香港なんですけど、抱くイメージとしてはひと昔前の香港で、魑魅魍魎の九龍城とか市街地のビルをかすめるように飛ぶ旅客機や近代化されつつもアジア的カオスを内包した異質な街というモノです。

2017年10月10日(火)の記録


まぁ元々政治的な観点で中韓は個人的にちょっと抵抗感がありますが香港は元英国領でもあり、そのあたりの感じはかなり希薄という事にしておきます・・・

去年、タイにいた時、一人旅の女の子と話す機会があって出身を訪ねたら「香港」だって言っていたのが印象に残っています。
香港は中国の一地方のイメージでしたが、その子は「香港」だと胸を張っていました。
つまり、そういう事です。

さて、海外旅行が地方在住者にとって負荷が大きいのは、国際空港が地元にないケースでハブ空港まで行くのに余計な一手間掛がかるというのがありますけど、香港については地元の空港からでも香港EXPESSの直行便が出ており利便性が高いという事情なんかも「ちょっと行ってみようか」と今回の旅行を後押しすることになりました。

・広島空港なのですが、地方の空港らしく非常にコンパクト(まぁ要は小さい)です。迷わなくていいかも
20171010_hongkong_01.jpg


香港EXPESSについては事前にオンラインチェックインをして向かったのですが、荷物検査を終えて搭乗口の前で呼び出しを食らってその場で再度旅客チェックを受けボーディングパスの発行を受けました。

なんかオンラインチェックインの意味が薄らぐような対応ですが、ネットでもこうした事例が報告されているので、こういうもんだろうと納得w

・これに乗ります
20171010_hongkong_02.jpg

それ以外は特筆することもなく平穏に離陸・飛行・着陸でほどなく香港に到着。
※特筆ではないですが何故か飛行機の乗客は圧倒的に香港人(または中国人)でした、日本人は1割もいないんじゃないかという感じ。搭乗率(乗車率)もほとんど100%な感じで案外利用客が多いのが意外というか、そういうもんかという感じ。

・香港空港は広いので空港内を電車で移動、ドイツのフランクフルトとかもこんな感じですね
20171010_hongkong_03.jpg

事前に予定していた香港国際空港で行うミッションは以下の通りです
・国際キャッシュカードで香港ドルの引き出し
・スマホのSIM設定
・オクトパスカード(電子マネー)の購入
・A21のバスに乗り市街地へ向かう

空港内をあっちにフラフラこっちにフラフラしながらクエストをこなしますwww

・HSBCのATMを発見したのですかさず、香港ドル(800HKD)を引き出し
20171010_hongkong_04.jpg

・スマホのSIMはこの黄色の明かりのお店で設定(118HKD)
20171010_hongkong_05.jpg

・オクトパスカードは地下鉄の窓口で入手(150HKD)
20171010_hongkong_06.jpg

・市街地へのバス発見、運賃はオクトパスカードをかざすだけです。(33HKDだったかな)
20171010_hongkong_07.jpg

・バスに乗って空港から尖沙咀まで行きましたが、夜で比較的渋滞がなかったのか、50分くらいで到着。
20171010_hongkong_08.jpg
※スマホのグーグルマップの表示がたまたま遅延したあおりで停留所を1個乗り越して焦りましたが、距離が短かったので良かったです。

それにしても今更ながら、香港人(中国人)は日本人と肌や目と髪の色も変わらないし、離れて見てるぶんには違いがあんまり無いですね、顔の造作とかは良く見ると結構違うなぁという人も多いですけどね。

宿は皆な大好き悪の巣窟「重慶大厦(チョンキンマンション)」です。

予想通り夜の重慶大厦は盛況というか活況を呈してて、いきなり怪しいインド人の客引きなんかが声を掛けてきますが、重慶大厦のグランドフロアの内部構造と乗るべきエレベータの位置は事前に完全把握済ですので華麗に無視を決め込んで上階に進みます。

インターフォンで予約済のむねを告げて、受付に入り無事部屋にチェックイン。
夜9時を少し過ぎた頃合いだったので受付の人が応答しない不安がありましたが、杞憂でした。
取り敢えず、色んなトラブルを想定しておきましたが特に何もなく宿に入室するところまで来たので本日のミッションは無事完遂、出だしは上々というところです。

とりあえず、荷物整理をして一服。

・しかし部屋が物凄く狭いんですけど、ほとんど収監された感が満載w
20171010_hongkong_09.jpg

・まぁでも小さいながらもシャンデリア風の照明とか壁も大理石風で案外ゴージャスかもwww
20171010_hongkong_10.jpg

・清潔感もあるしこれはこれでいいのかも
20171010_hongkong_11.jpg

・一息つくと腹が減っている事に気が付いたので街にでてしばしウロウロ、広東語なんてまったく理解できないので広域展開ぽい(フランチャイズっぽい)店舗で夕食。吉豚屋というお店でカレーを食べた(ジュース込で83HKD)。日本のカレーの味なんだけど店員も挨拶はなぜかぎこちないながらも日本語なので日式のレストランなのかな
20171010_hongkong_12.jpg
※カレーもマンゴー風味のジュースも旨かったです。83HKDなんでたった83円かと勘違いしそうなりますが、1HKD:14:5円で計算すると1200円程度なので日本と変わらないかむしろ高いくらいですかね。中国語は喋れませんが、ちゃんとお客さん扱いしてくれたのが良かったですw

今日は移動で疲れていて余力ゼロ、宿に戻ったらシャワーで汗を流して就寝。

実際のところ香港ってどんなところだろ?って思ってましたが1日目を終えて、人の感じとか街並みとか予想以上に肯定的な評価をしてる自分がいて安堵して夢の中へ。

テーマ : 海外旅行 - ジャンル : 旅行

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。