唯ノ日記

街の片隅で目立たずひっそりと暮らす人のブログ

下げたり戻したり、戻すと見せかけて低調に終わったり

何だか神経質な動きのように思います。

まぁしかし今回ほど衆人注視の中で予測されている金融危機というのも珍しいんじゃないでしょうか。
サブプライムの時は、米国証券会社5位のベアスターンズが倒れた時に、市場の反応は意外に反応がニブイ感じで驚いた記憶があったが、市場は既に織り込んでいたのだろうか。
リーマンが倒れて一気に市場が冷え込んでいった訳ですが、今回はソブリンリスクです。

欧州はギリシャに象徴される危機、米国は財政赤字で首が回らない、日本も一応財政赤字と震災・放射能問題、中国はインフレに不動産バブル、その他新興国も消費地の減衰と資金回収で失速、中東は民主化という名の再植民地化の途上で混乱している。

ちょっと悪い所ばかりにスポットを当てて見てるきらいがありますが、どうにも世界は非常に混沌としている。
すぐには答えは出ないでしょうから、こういう時は、横目で市況を睨みつつも遊んで気分転換するのもいい気がする。
人間、時には能天気に過ごすというのも重要ですナ。