スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

KT-ZMICO証券 現地窓口で入金してみた

備忘録です。

昔日本から郵送で開設したもののリーマン以降完全放置状態の口座だったのですが、せっかくのタイ渡航だしこれを機会に再度タイ株でも弄ってみるかという事で入金・・・

シーロムにあるリバティスクエア8階にあるKT-ZMICO証券に行ってみますた。
20160706_mico01.jpg


最初19階に行ったのですが、窓口は8階でした。
20160706_mico02.jpg


これは入金依頼書!?のサンプルなんですが、右側の口座番号の下の種別の"8"はもう一段下に書くべきもののよう
20160706_mico03.jpg


この依頼書と現金(Baht)を持って1階のクルンタイ銀行で手続きをして再度8階に戻り提出すると、数時間後には口座に反映されます。
※クルンタイ銀行でも現地(タイ)の電話番号を教えてくれと言われたので、トラベラーSIMを設定しておいて良かった。

この証券会社には、日本に留学経験のある日本語ペラペラの社員が数名在籍しているので、意志の疎通はバッチリでした。

この記事のポイント
・現金持ち込みで現地で両替して入金するのは、両替比率が良く、銀行間での手数料もなくお得というあたり
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。