隠棲の徒然

街の片隅で静かに暮らす

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヤフオクとマケプレの出品観点での違い

どっちが儲かるかとか、便利とか、ショバ台が高いとかの実利に関する内容ではありませんので悪しからずです。

不要品の処分で値が付きそうな物はヤフオクかアマゾンのマーケットプレイスで処分しています。

ヤフオクでもマケプレのように固定価格での出品が可能ですが、オークション形式で販売するのが一般的だし自分もそうしています。

それで、オークションだと出品してから一定期間のオークションを経て値を上げながら、終了期限の日時に向かっていきます。
この間、あんまり値がつかないなぁとか、思った以上の高値になったりで悲喜こもごもですが結果というか終わり[期限]がはっきりしている為に終了にむけて心の準備が徐々にできていきます。

それに比べてマケプレは当然なのですが長期間全く売れないこともあれば、あっさり売れてしまうこともある。
いずれにしても不意打ちを喰らう感覚ですねw

それなりの感慨のある品物だと、急に奪われるような喪失感があります。
急に逝ってしまったみたいなw

そういう訳で、ヤフオクは手間は掛かるが面白みがあり心の準備ができる、一方マケプレは手間は少ないのはいいが、いつ売れるのか全く分からないので不意打ち感がありスリルがあるというところでしょうかw
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。