隠棲の徒然

街の片隅で静かに暮らす

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自分インデックスファンドの回顧録

もう大分前の話になりますが、冗談半分で日経225構成銘柄のほとんどを端株(プチ株!?)で購入し、自分インデックスファンド!?を組成した事があります(まぁ只のアホですw)

長期保有すればするほど信託報酬が掛からない分、通常のインデックスより好成績になる筈でしたが日経平均株価と比較する為に、購入価格とその株式保有数及び時価を随時更新(主に時価の更新)していく作業がテラ面倒臭い(表現が古い?)のと、決算時に送付されて来る郵便物の多さに恐れをなし、更には1銘柄あたり数円から数十円よくても数百円の配当を200銘柄以上も郵便局に受け取りに行くのもかなり勇気がいるしで(当時は証券口座で配当を受け取るのは出来なかったと記憶&口座振替の手続きも面倒だったのかしてなかった)、早々に退散(売却)した事があります。

決算期には僅か数10株どころかたった1株保有でも決算関連情報が送られて来るのですが、企業側からすれば出資金は僅かなのにコストばかり掛かる困った投資家だったかも知れません。

また、大量に送られてくる方としても気になる企業のバランスシートをチラ見してゴミ箱直行ですから、流石に紙の無駄使いだなぁと自己嫌悪になります。

あんまりエコとかいう柄じゃないんですけど、これはマズイだろうと。
※既得権益的というか商業的なエコが嫌いなだけで、物を大事にしたり自然は大切にしたいという意味では常識人の積りなので誤解なきようにお願いします(;´▽`

そういう訳で敢え無く自分インデックスファンドは強制償還したのでした。

決算書類の郵便物の山:フォルダを漁ってみると画像が奇跡的に残っていました(影は状況証拠的に私ですw)
画像1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。