唯ノ日記

街の片隅で目立たずひっそりと暮らす人のブログ

自分年金!?

公的年金の支給開始年齢の引き上げ議論もあってのことか、自分年金という言葉をよく目にするようになりました(雑誌とかウェブとかで)。
まぁ確かに定年退職年齢60歳(早ければ55歳)から、支給開始年齢の65歳(将来は68歳や70歳)までの長い空白期間を埋めるためには何らかの対応が不可欠です。

働く能力と意思がある人は働くだろうし、労働から引退したい人は金融資産を貯めたり殖やしたりという話ですが、自分年金とは資産運用でお金を殖やすというヤツです。

SBIからくるメールで自分年金に関するものがあったのでリンクを辿って見てみると、毎月5万円の積み立てを30年間に渡り行い総計1800万円の投資が、5200万円になったという例を引いてその有効性を説明していました。

長期投資については、基本的に中立的なスタンス(利益が出るとも出ないとも言えないと思う)なので、過去の成功事例を持って、顧客の勧誘をする事が正当な客引きなのかどうか分からないのですが、年金の支給開始年齢の引き上げ論議は、証券・投資業界にとってはなるほど客寄せの機会になっているようです。

明日の株価がどうなるのかも分からない、来年のことはもっと分からないのだから数十年後なんて想像も付きませんが、そこに向けて投資していくという人間の心理は非常に面白いです。

毎月定額の積み立て投資だと、自分の判断とかを必要とする事なく投資しているので、価格が下落しても痛みというものをほとんど感じない。
いいときも悪いときもあるさ、ってな具合になります。
心理的には非常に落ち着いていて良いのですが、最終的に取り崩す時に+圏にあるか-圏にあるかは誰にも分からない。
不思議なもんです。

胴元の取り分(手数料・信託報酬)が宝くじなんかに比べてよっぽど少ないけど、ちょっと宝くじに似てるような気もする今日この頃っス。

とか言いながら自分も、小額(毎月2万)ながら積み立てしてるんですがw