隠棲の徒然

街の片隅で静かに暮らす

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011年06月05日のメモ(札幌)

9時起床
疲れが溜まっていたのか、結構寝たな

パン食べてシャワー浴びる。
いい賃貸は無いかとネットサーフィン。

ネットで商店街が充実して賑わっている地下鉄駅を調査する。
色々煮詰まって頭が変になりそうになった時、そういえば、プールにしばらく行ってないなぁと思い行くことにした。

西区のプール(宮の沢)に向かう。
駅で降りると確かに小さな流れがあり、これが宮の沢かと見物した。
宮の沢

宮の沢に着く前に南発寒というのがあって、発寒は「はっかん」と読むもんだと勝手に思っていたが、「はっさむ」ってアナウンスしていた。面白いや。

で、途中おばさんに道を聞いたりしてプールに到着。
歩きコース1本、完泳コース2本、残りは広々とした遊泳コース。
水の透明度もピカイチで25m先の壁がクッキリ見える。

適当に3時間程泳いで、琴似で気になっていた旭川ラーメン(醤油)を食べた。
透明感のある醤油スープを想定したのだけど、実際は豚骨醤油みたいな感じだった。
まぁ美味しいからいいか。
しかし、琴似の町は都会だなぁ!と感じる。

ホテルに戻って鍵を貰う時に1泊延長のお願いをした。3800円。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。