隠棲の徒然

街の片隅で静かに暮らす

カテゴリー "タイ旅行" の記事

KT-ZMICO証券 現地窓口で入金してみた

備忘録です。

昔日本から郵送で開設したもののリーマン以降完全放置状態の口座だったのですが、せっかくのタイ渡航だしこれを機会に再度タイ株でも弄ってみるかという事で入金・・・

シーロムにあるリバティスクエア8階にあるKT-ZMICO証券に行ってみますた。
20160706_mico01.jpg


最初19階に行ったのですが、窓口は8階でした。
20160706_mico02.jpg


これは入金依頼書!?のサンプルなんですが、右側の口座番号の下の種別の"8"はもう一段下に書くべきもののよう
20160706_mico03.jpg


この依頼書と現金(Baht)を持って1階のクルンタイ銀行で手続きをして再度8階に戻り提出すると、数時間後には口座に反映されます。
※クルンタイ銀行でも現地(タイ)の電話番号を教えてくれと言われたので、トラベラーSIMを設定しておいて良かった。

この証券会社には、日本に留学経験のある日本語ペラペラの社員が数名在籍しているので、意志の疎通はバッチリでした。

この記事のポイント
・現金持ち込みで現地で両替して入金するのは、両替比率が良く、銀行間での手数料もなくお得というあたり
スポンサーサイト

AISのSIM TOPUPで最大1年間有効

備忘録です。

タイに着いてスワンナープ空港にあるAISのショップで旅行者用のSIMを購入し設定して貰いました。
これでwifi圏外でもネットやグーグルマップが利用可能になり便利です。

タイを再訪する場合には改めてsimを買って設定して貰うのも手間だし、電話番号が変わるのも不便という事で、使用期限延長の為にTOPUPしてみました。

※30日利用可能のsimを買ったのですが、空港で購入&設定して貰った関係なのか最初から使用期限は5ヶ月先の11月になってました。

AISの直営店にあるTOPUP機で20bahtのTOPUPを繰り返してみると確かに使用期限が1年後の今日になります。
機械の操作は最初に英語表記に切り替えると非常に分かり易かったです。

20160708_001.jpg

AISの直営店は大型の商業施設ならかなりの確率である感じでした。
自分的には
・アソークのターミナル21の6F
・ナショナルスタジアムのMBK
・パタヤのセンタンの地下
とかで見かけました。

※センタンの1階案内窓口で
"Where is ais(アイス) shop?" って聞いたらハァ?って感じだったので
"Where is ais(エイアイエス) shop?" って聞き直したら通じたw

この記事のポイント
・特に目新しい情報は何も無いが、AISはアイスでは無くエイアイエスwww
というところ

タイ WP無しで銀行口座を開設してみた

備忘録です。

2016年6月16日時点の情報

タイ関連ブログで良く取り上げられる話題ですが、旅行者でも口座開設できました。
自分がググッた範囲では2015年12月の口座開設までは確認できたのですが、それから半年程度経ってるので正直なところ開設できるかは半々程度、できればラッキー位に思って出掛けましたがスンナリと開設できました。

銀行:バンコク銀行のシーロムにある本店

必要なモノ
1.パスポート
2.免許証(国際免許証ではなく日本の免許証)
3.上記2.を大使館で翻訳したモノ(590Baht)
4.滞在しているホテルのビジネスカード(名刺)
5.VISAデビットカード発行手数料 300Bahtと最低預け入れ額の500Bahtの合計800baht
※現地での(携帯)電話番号も聞かれた記憶があるので、取得しておいた方が良いと思われる

20160616_bank.jpg

本店にはある程度日本語が話せる人がいるので、比較的スムーズに開設できました。
旅行者の口座開設については担当者の裁量が大きいとされ今後どうなるか分かりませんが、まだいけそうな感じですね。

この記事のポイント
・2016年6月時点で旅行者によるBBLの口座開設は可能だった
・口座開設時、現地での携帯電話(番号)を持っていた方が良い(必須では無いがあった方が良い感触)
というところ・・・

※先の話ですがデビットカードなので期限(5年後)を迎えて、更新時にどうなるのかがちょっと気になります・・・
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。