唯ノ日記

街の片隅で目立たずひっそりと暮らす人のブログ

カテゴリー "英語記事" の記事

近況 3

帰国しました。
特にトラブルらしいトラブルもなく渡航・滞在・帰国ができました。
しかし、フライトに時間が掛って日本と西洋は遠いんだなぁと馬鹿みたいですが思ったりします。

帰国すると日本なので辺りは日本語一色ですが、日本語は意識せずとも一言一句もらさず聞き取れ、理解できるのが新鮮です(笑)。
母国語は偉大ですね。

取り敢えず生存報告まで。

近況 2

光陰矢のごとし。少年老い易く、学成り難し。とはよく言ったもんですが、私の短期英語留学も今週で折り返し地点に到達しました、来週から後半戦になります。

留学前に気になっていたホストファミリーの人とうまくやれるかなとか、クラスの生徒が若い子ばかりだと浮くかなとかは、実際に来てみると何の問題も無かったです。

ファミリーの人たちは気さくな人たちだし、クラスの生徒は実際若い子が多いですが、年齢とか何の関係もありません。
ファミリーともクラスメートともファーストネームで呼び合って楽しくやってます。

留学前に読んだ体験記で、40代、50代の人が20代の人と一緒に遊びに行ったりするような記載が時々あって、あんま状況が想像できなかったのですが、今なら分かります。

心をオープンにして楽しもうという気持ちが共有できれば年齢は関係ありません。

私は割と成り行きとその場のノリで突っ走るところがあるので、クラスの子と泳ぎに行ったりとか楽しくやってます。

とまぁそんなことはいいとして(いやそれはそれで大事ですが)、一番の問題は自分自身の英語ですね。
我ながら毎日イライラしてます、これは。
思うように話せない、聞き取りも甘いし、ホントなってない。

しかし滞在1ヵ月余りを経て、ここ数日英語の聞き取りが多少楽になってきたように感じています(これ気のせいじゃなきゃいいんですけど)。

取り合えず生の英語に触れられる楽しさを噛み締めつつもうひとふんばり頑張ります。

近況 1

年甲斐もなく、現在海外留学中です(ヨーロッパの英語学校に通学中)。
留学というほど根をつめて勉強してる訳じゃないので遊学というほうが適切かも知れません。

こちらに来てから1週間になります。
ホストファミーリーにもクラスにも学校のスタッフにも日本語の通じる人はいませんが、何とかなってます。

生きた英語は本当に聞き取り辛くて、自分の聞き取り能力(Listening comprehension)と発話能力のなさを痛感しています。
初日に筆記テストがあってクラスが振り分けられたのですが、皆な普通にしゃべってますよ英語を。

筆記テストでは私と似たような点数を取った筈のクラスメートが、バリバリ喋るのを聞いて、いかにこの方面での自分の能力が劣っているのかが分ります。

少なからず苦労してますが、生の英語のvividな音に触れるのは本当に楽しいと感じることができているので、頑張って行こうと思ってます。

今日と明日は学校が休みなので、ゆっくりする積もりです。

詳細は帰国してからUPできたらしようかなというところです。

それではまた

中学英語を極める為に This is a pen. について考える

最近の中学英語の教科書の事は知りませんが、昔の中学生は This is a pen.というフレーズで英語の第1歩を踏み出したと思います。

この This is a pen. というフレーズはその構文と構成される個々の単語の全てが身体(脳)にすりこまれている為に、その文字を読んだ瞬間に、その音声を聞いた瞬間に日本語変換を経ずしてその意味が了解できるし、必要なら瞬間的な発話も可能です。

そのレベルの高低は別として英会話のfluentな聞き取りと発話には、こうした母国語を経由しない直読・直解が欠かせないと思われます。

使い慣れた日本語の独特の情緒に富んだ表現はそれ自体素晴らしいものですが、その日本らしい表現で考えた思考・感情から英訳して発話することは非常に負荷が高い作業だと感じています(そもそもそんな話せる訳では無いですが)。

そこで、中学で習った単語・熟語・文法を駆使してその中学英語の全てを"This is a pen."化(静的な知識ではなく動的な筋肉のようなものに)できれば、簡単な日常英会話を遅滞なく構成できる筈だと夢想しています。

この線を狙ってしばらく試行錯誤してみます。

超簡単(ローレベル)な英会話の為の学習

ここのところ少々学習をサボっていたのですが、最近また気分を変えて英語に取り組んでいます。

ある程度の難度を持つ英語の読解やリスニング能力の向上も狙っていきたい目標なのですが、その前に中学レベルの英会話能力を獲得したいというところです。

先月(6月)に中学生用の英文法書と高校1年生用の薄い英作文の本をおさらいして、気になる例文を抽出したので今月は、この例文を使って瞬間英作文をして構文を身体に刷り込んで行く予定です。
※因みに中学英語では対象外となる仮定法は、高校1用英作文の本でカバーされているので一通りの基本はカバーされてるかと。

やってる事がローレベルですが中学英語程度でも英文が口をついてスラスラ出てくるには程遠い状態なので、私には必要なプロセスだと思ってます(まぁ単なる中学英語オタクかも)。

たかが中学英語されど中学英語というところです。

英語強化月間

7月と8月は英語強化月間に勝ってですが指定しました。

という訳で、まずはこれまでの振り返りと今後の作戦を立てる予定です。

目標は中学英語程度の会話能力の向上と高校英語程度のリーディング・ライティング・ヒアリング能力の向上です。

つづく。

使わないと退化する

数日前に、久しぶりに腹筋運動をしたのですが未だに腹筋が筋肉痛です。

普通にしてる分には何とも無いのですが、腹筋運動をすると痛みます。
腹筋が筋肉痛になるなんて初めての経験ですが、使わないと衰えるんだなと当然のことを改めて実感してます。
特に年齢を重ねて行くとそうした傾向が顕著になっていきそうですね確実に。

話は変わりますがしばらく英語の勉強をサボり気味だったのですが最近またやり始めました。
こちらの方も少し油断してると錆付くというか、にぶるというか、劣化してますw

単語も少なからず忘れてるし、文章を読んでも意味を取るのに以前より時間が掛る感じです。
まぁ、やり始めればある程度は慣性の法則のようなところがあって続くので頑張ります。

そう言えば前に英検準1級受けるとか言ってましたが、実は1月に受けました。
単語と英作文の設問はできたのですが、自信満々だった英文解読の設問が合格レベルを遥かに下回っていて、個人的に非常に黒歴史になってます。
時間が足らなかったので読解が荒くなったのが敗因ですが、自信のあった分野だけに笑いました。
あと、ヒヤリングは予想通りダメでした。

試験のリベンジの為には読解のスピードアップとヒヤリングの強化が必要なんですが、取り合えずそれは脇に置いて、基本的な知識のアクティベートをしようと思ってます。
知識を筋肉にかえる瞬間英作文系の学習です。

外で運動する時によく挨拶をするイギリス人の人達がいて、偶に片言で話をするのですが、もう少し言いたい事が話せるようになれば面白いのになぁと思っています。

運動も英語も継続が必要ですね。

英検準1級でも受けてみるか!?

ほんの少しでもいいから1日に1度は英語に触れるようにしているのですが、ここのところその英語の学習がどうにも停滞していて、ほとんど休止に近くなっておりますw

働いてて時間が無い時には、時間さえあれば英語とか色々勉強できるのになぁとか言ってた自分を殴りたいw

目標設定が無いからこんなグダグダになるのだ!、きっとと思い、じゃあどうする?
という訳で、英検準1級の受験を目標にすれば良いじゃんて事になり、何でもっと早くそうしなかったんだと叱責を始める始末です。

で、英検のサイトで早速過去問を見てみると、何と最初の語彙問題が30%くらいしか分からないという体たらくスw
1級が難しいというのは知ってたけど準1級の語彙でもこんななのかと笑劇じゃなくて衝撃を受けました。

まぁ、道のりは遠そうですが目標があるとハリが出ると思うので挑戦することにしました。
頑張ります、いや頑張ると思います、いや頑張るといいなぁ、以下、続く...

英語多読 今月(8月)の一冊

多読といのは語弊がありますが、今月の一冊です。

「海底二万海里」というSFの古典です、高校生の頃に読もうかなと思ったのですがそのままになっていた作品です。
画像1

相変わらず薄いです
画像2
本文15P、挿絵8P、地図2Pの構成です。

レベルは1で、見出し語300語の使いまわしで構成されています。
画像2

夏で暑いので涼を求めて海が舞台のものを選んでみました。

英語、多読!?

前回の英語関連記事で中学英語に邁進する事としましたが、その一環として非常に平易な文章を読み込むというのもいいんじゃないの?と思い実践することにしました。

ペンギンリーダーズで入門編の200語からレベル6までの3000語に至る使用語彙数でレベル分けされたものがあるのでこれを使ってみます。

まずは200語からという事で買ってみました。
ペンギン 1-1
※少女とイルカのふれあい物語

ペンギン 1-2
※たった200語の使いまわしで構成されている。

ペンギン 1-3
※薄い!?、本文は僅か15ページ、1ページの内3分の2はイラストなので、本文は実質5ページというお気軽設計w

レベル4が1700語なので、中学英語でもここまではいけるのではないかと想像、レベル4に至るまで毎月1冊ずつ買って読もうかなと妄想中です。
しかし、1カ月にたった1冊で多読!?というのは誇大表現ですナ
まぁ、ぼちぼちやって行きます。

因みに画像の本を読んだ感想としては、本当に気楽に読めて肩が全く凝らないのが良いです。
ただ簡単過ぎて何やってるんだか自分!?ちょっと不安って思ったw