唯ノ日記

街の片隅で目立たずひっそりと暮らす人のブログ

カテゴリー "只の日記" の記事

大晦日なので記念更新www

あっという間に大晦日になってしまいました、長らくブログは放置してましたが生存してます。

タイトルにあるように気が向いたので更新してみるかなというノリですw

今年はバイク買って出掛けたり、PCゲームやり始めたりとか新しい事にも手出ししてました。
運動関係もそこそこ定期的にやることが出来たのも個人的には良かったと思える。

投資関係についてですが、FXは秋頃に完全撤退して今は数年ぶり(7,8年ぶり)にノーポジです。
SWAP投資分もトラリピ分も全撤退したので、心穏やかな日々を送っています。
来年チャンスがあったらまたやるかも知れませんが、普段はFXのことはほとんど忘れてる状態です。

株式についてはx2ETFで思い出したように買ったり売ったりしましたが、あんまり目ぼしい釣果は無かったorz
まぁ損をしなかっただけ良しという事にしてます。

んで、今年の生活費は家計簿を見ると約154万円でした。
特に倹約・節約という積もりは無いのですが、まぁこんなもんですね。

それからここ2年くらい恒例になっている年越しソバですが今年も食べましたw
一昨年 → カップ麺
去年 → 麺を茹でて作って前の年よりグレードアップの筈たんだけど・・・麺が乾麺だったのでカップ麺との差異が不明な展開w
今年 → 満を持して生麺でリベンジw
20151231_soba.jpg

去年までは年をまたぐタイミングで食べてたんですけど、調べてみたら何と「年内に食べきらないと運気が下がる」みたいな話あったので、去年までの年越しソバは一体何だったのか?
わざわざ、24時をまたぐタイミングを推し量ってやってたのが単に運気を下げる方向だったとは!?
などと考え込んで笑ってしまった。

来年も「笑う門には福来る」のノリで行く予定です。

それでは良いお年を!

今年の指針的なこと

毎年似たようなこと言ってますが、人生は偉大なる繰り返しなので...w

・プール通いなどして適度な運動を行うこと
・英語を細々と勉強すること
・投資は楽しむ範囲で行うこと(今年はMT4を導入したいかな)
・ネットばかりしてないで小説なども読むこと
・不用品は整理すること
・何か面白い料理を開発するw
・何か新しいことを始めてみたい(何だろ?)
・去年は遠くに出掛けなかったので今年はどこかしら行くこと
・去年はほとんど外食も中食(お弁当など)も利用しなかったので今年は多少利用してみたい

まぁ特別なことは何もありませんが、今年も楽しくやってければと思っています。

2014年の生活費

恒例で記事にしているので...

2014年の年間支出は、約130万円でした。
1ヵ月あたり11万足らずです。
去年の記事で「基本生活費は月10万~12万目途で暮せれば良いかなと思ってます」などと適当な事を言ってましたが、まぁ丁度いい感じで収まっています。

しかし、大の大人がこの程度の額で暮らせるというのも不思議ですが、これは事実です。
尤も節約系・貧乏自慢系の人には敵いませんけどね。

ちょっと古いですが「平成21年の貧困ラインは 112万円」という事なので、これを我が身にあてはめると私もほとんど貧困線上にありますね。

しかし、贅沢はしてませんがそんな貧困生活って感じでも無いのですけどね、気付いてないだけなのかなw
まぁそんな世間的数字遊びに付き合う事自体が無意味なのかもですね。
尺度は他人のものではなく自分のでなくては意味がありません。

まぁそれはともかく、今年は食費をすこし拡充しようかなと思っています。
というのも、毎月、月末になると食費が少し足らなくなっていたんですよね。
なので1ヵ月1.5万位でやってたのを2.0万位にUP予定です。

という訳で今年の年間基本生活費は食費増額分(+6万)などを見込んで140万円以内に収めたいと思っています。

挨拶が遅れましたが、長期放置もありの気のみ気のまま更新ですけど本年も宜しくお願いします。

1月も今日で終りなので

遅ればせながら今年の指針を適当にメモっときます。

・ジョギング・ウォーキングを定期的に行いつつ時々泳ぐ
・英語の学習を細々と継続する
・学生時代に覚えた日本史についてかなり忘れてるので興味のあるところだけでも見直す

・1回でも良いので旅行に出かける(国内・海外問わず)
・機会があれば自転車で遠乗りをしたい

・料理作るの面白いので、これまで作った事のない料理に挑戦する(ちょっと大袈裟かな)

・隙あらば投資でガッポリ稼ぐw

ちょっと忘れてる事がある気もするけど、取り敢えず以上

2013年の生活費

え~と、去年もまとめてたので今年もメモしておきます。

2013年の年間支出は、約220万円でした。その内海外渡航のこみこみ費用約100万円を引くと120万円になります。
一昨年(2012年)の同記事で来年(2013年)は一ヵ月10万円目標の年間120万円生活を試みるという事だったのですが、だいたい達成できてたみたいです。

食費も一ヵ月2万円以下目途でしたが、実際は平均1.5万円ぐらいに収まりました。
ただし、調子に乗ってジュースやお菓子を飲んだり食べたりしだすと予算をオーバーするのでそこは気を付けないといけないです。
まぁでも自炊すれば安く上がるもんだなぁとつくづく実感してます。

今年も、旅行とかその他趣味で使う費用は別腹にして、基本生活費は月10万~12万目途で暮せれば良いかなと思ってます。

英語とは関係ない話題

強化月間としての英語は何にも始まってないですが、コーヒーブレークですw

先日GEOでDVDをレンタルした時に、半額キャンペーンで旧作1本50円だったのですが、キャンペーン中は株主優待の半額割引は効かないんだろうなと勝ってに思っていました。

しかし
20130702_x1.jpg


8本×50円=400円の筈が、優待パワーで更に半額の200円でした。
つまり1本25円で借りた訳ですが、こんなんでGEOは大丈夫なのか心配になりました。

まぁ安いのは有り難いんですけどね。

ゲオの優待券

優待狙いの投資は基本的にしない方針なのですが、最近買って唯一持っているのがゲオです。
まぁ最近のアップダウンで、というかダウンで株価は右肩下がりですが...w

それは兎も角ゲオは旧作DVDが100円で借りられますが優待パワーを付加すると更に半額の50円になります。
連続ドラマを10本借りても500円なのでお得感があります。
20130612_01.jpg

今回の有効期間は今年の年末迄です。
台風が接近してるみたいですが晴れたら颯爽と自転車に乗って店舗に申し込みをしに行こうと思います。
何を借りようかな

続きを読む

2012年の生活費

え~と、今年も終りなのでこの1年の支出の振り返りです。

去年の今日に来年は年間180万の線を狙ってみると書いたのですが、家計簿を確認すると約182万円の支出になっていて、おおむね目標としたレンジに収まってます。

まぁ、節約巧者の人達からすれば、何をやっておるのだ?、甘すぎる!ってな感じかもですが生活保護受給者の受給額が1人あたり1ヵ月15万円とからしいので年換算180万円で、私の節約生活も生活保護レベルにまで下がって来たかと胸を張っているところですw

それはともかく、支出182万の内、約45万が社会保障費(税金と年金)なので実質生活費は137万となり1ヵ月換算で11.42万で、これは大学生の生活費の近似値という印象です(自分が大学生の頃は1ヵ月12万円で生活してたと記憶)。

この11.42万から色々と見直しをして来年は切りよく月平均10万円を目標にやってみようかと思います、無駄な支出を絞りつつも可能な限り楽しく行きたいです。

※月10万円生活をひとまずは節約生活のゴールとしようと思います。
 こうやって節約した余剰を蓄積しておいてどこかでパッと使うのも面白いかも知れません。

リタイアと料理とTV!?

何かと時間に追われる労働者は、仕事に大半の時間を奪われる為にその他の作業をお金で買うことが多いと思います。

食事などはいい例で、マメな人はともかく仕事の忙しい男性の単身者だと自炊というのはそれなりにハードルが高いと思います。
比較的時間のある週末はともかく、平日は外食が多いのでは無いでしょうか。

事実私の場合、働いていた時は朝ご飯は抜き、昼食は会社の人(部下や同僚や上司)と外食、夕食も一人で食ったり会社の人と食ったりでしたが、基本は外食でした。
はっきり言って食事を作るという事に労力を使う気はこれっぽっちも無かったですw
そんな時間や気力があるならそれは仕事に振り向けるなり休養にまわすなりという典型的な日本のサラリーマンというやつでした。

しかし、一転リタイアしてみて時間ができると、朝ご飯もちゃんと食べるようになったし、自炊する事は気分転換にもなるし、何より楽しみの一つになっています。

で昔は月の食費に5~6万は使っていたと思うのですが、外食を減らして自炊するようになった最初の一年目で一月4万円くらいに下がり、さらにレンジでチンとかの食材を一切止め自炊の内容を見直す事で今では2万円くらいまで下げる事ができて、こんな安くできるんだぁとちょっと驚いている次第です。

他の人のブログを見てると月1万5千円とか、1万円とかでやっている人が結構いるので上には上(下には下?(悪い意味ではなく))がいるもんですが。

自分で作ると、こういう料理はこんなに油(砂糖とか塩とか)を使うんだなぁとか、気付きがあって面白いです。
少し味が弱くなってもいいから、調味料はこれくらいに抑えておこうとか自分仕様にできるのはメリットの一つだと思いました。

で、今回の結論としては三つです。

一つ目は、忙しい勤労者はとことん忙しくさせてそれなりの収入を得るが、その忙しさゆえに、本来時間があればできる事を外注する(させる)事でお金を吐き出させるような流れに結果としてなっている。
また疲れて帰ってきてTVでも見て気分転換してると、確かに頭は空っぽになるが(私だけっだったりしてw)、射幸心や虚栄心を煽るCMのマインドコントロールを受ける(⇒金を使う事に抵抗が無くなる)というスパイラルに嵌る(ような気がする)。

二つ目は、料理などは自分ですれば楽しいしコストも凄く下がるけど、国民全員が自炊し出したら外食産業は減益・倒産の嵐となりさらに不景気になるので、このマッチポンプは継続せざるを得ない。
しかし、人知れずこの歯車の回転から抜け出すのは精神衛生上とても良いと思う。

三つ目は、会社を辞めてからTVも基本的には見なくなりました。
娯楽番組で頭を仕事モードからオフに変換する必要も無くなったので、せいぜいニュースを軽くチェックするくらいですね、それもネットでできるのでマスコミはどういう視点(立場)で報道してるのか?のチェックくらいです。

社会から距離を置いて隠棲してみるのも悪くありません。

リタイアと地方都市と自転車と

現在私は地方都市に住んでいるのですが、大都会での安価な移動手段は、電車や地下鉄(やバス)ですね。

私も東京では大学時代は通学、会社員時代は通勤で、また休日の外出にも基本的に公共交通機関を使用していました。
※学生時代の休日はバイク、会社員時代の休日は数年間は車で出かけていましたが...

東京で自転車を買ってからも、休日で片道が10kmくらいなら自転車でという事もありましたが、自転車に乗る事自体が目的でない時はあまり遠乗りには使用しませんでした。

実際、東京は都道府県としては面積が狭いですが、都市(街)の規模が大きく機能が分散されているので神保町(の本屋街)、新宿・渋谷、秋葉原などに東京の西側にある住宅街から自転車で行く事は手軽な作業ではなく、現実的な選択ではありませんでした。

一方、地方都市であれば中心街がコンパクトに纏まっている(事が多い)ので、自転車で手軽に移動して全ての用事を済ます事が可能です(例外はあるかもですが)。

若い時は、大都会に暮して色々と刺激を得るのも良いと思いますが、(嗜好の個人差はあるでしょうけど)ひと歳取って来ると全ての機能がコンパクトに凝縮している地方都市で暮すのも良いものだと実感しています。

時間と労力が省けますし、費用(自転車で済めば交通費)の節約にもなる上に、自転車は運動にもなって健康にも良いです。

リタイアと地方都市と自転車は相性が良いのでは無いかと思っています。