唯ノ日記

街の片隅で目立たずひっそりと暮らす人のブログ

カテゴリー "おうち" の記事

ぜんざい、食べました

お餅を食べるべくぜんざいを作りました、美味しいですねこれは。
20150102_001.jpg

そういえば、去年も似たようなこと言ってたよなぁと思って検索してみると、ありましたw
ぜんざい、作りました

やってることに進歩がありませんが、人生というのは偉大なる繰り返しということで...w

上記「ぜんざい、作りました」の記事中に年越しそばに触れてますが、前回はカップめんだったようですが、今回は若干向上してます。
20150102_002.jpg

今回の年越しそばはインスタントではなく乾麺ですよってインスタントも乾麺の一種かorz
まぁでも掻き揚げはスーパーの惣菜コーナーで買ったやつだし...って私は何と戦っているのかw
う~む、次回は生麺で作りますかね。

しかし、今回も年を跨ぎながら食べようとして余裕を持って準備してたんですが、食べ始めたのは23時59分であわただしい年越しでしたw

そう言えば、年越しそばを夜遅く食べるべく、普段夕食を取る時間はお菓子でお腹をごまかして遣りすごしました。
20150102_003.jpg

それで夜中に健康長寿を願う年越しそばを食べたわけですが、翌日はお腹が持たれて宜しくない。
返って体に悪いということを体感しておりますw

中華丼作成

最近めっきり外食をしていないので(去年は留学中を除外すると外食なし&今年も今のところ外食は一回もしていない)、中華丼とか食べてないなぁと不意に思ったので作ってみました。
20140406_xy1.jpg

キクラゲを戻したり、うずらをゆでたり下準備が若干必要ですが思ったり手間は掛からない印象。
基本的には時間に恵まれた生活をしているという事もあるのか、料理を作ってる時間は楽しいです。
何も考えず(と言っても料理することを考えてますが...)手を動かしているのが心地良いような気がします。

豆乳のヨーグルト

普段は牛乳で作ったヨーグルトを食べているのですが、急に思い立って豆乳でヨーグルトを作ってみました。
20130608_01.jpg
※表面の粉は青きなこです

食感は牛乳ベースのものと何ら遜色は無く、全く違和感がありません。
ちょっと変な表現ですが動物臭さのないとてもスッキリとした味わいで喉越しが頗る良いと思います。
普段食べている牛乳ベースのもが動物臭いなんて思った事は無いのですが、豆乳のものを食べて初めて動物性由来のものと植物性由来のものの差異を感じたような次第です。

色目については豆乳が牛乳より若干黄味がかっている分、それを反映したものとなっています。

安い牛乳が1L100円くらいするのに比べて豆乳は1L200円くらいなので価格的には若干高めですが、まぁ個人的には十分満足な味わいでした。

美味かったので、暫く豆乳で作ってみようかと思っています。

続きを読む

餃子を作ってみました

そこそこ好きなので餃子を時々スーパーで買って食べてますが、自分で作ってみました。

ニラとかキャベツをみじん切り(粗切り)!?にする

20130606_01.jpg


豚肉ミンチとか調味料を加えて捏ねる

20130606_02.jpg


皮でくるむ

20130606_03.jpg


焼く

20130606_04.jpg



もっと面倒なのかと思ってましたがネタを作るのは簡単でした。

いつもスーパーで買う餃子は12個入り168円なのですが、今回の自作餃子(12個分)は

・ニラ  : 50円くらい
・キャベツ: 20円くらい
・豚肉  :100円くらい
・皮   : 50円くらい
------------
 合計  :220円

その他調味料代もあるし、若干高めでした。
皮から自分で作り、その他材料も安いものを入手すれば買うより安くなりそうです。
※ただ自分で作ってるので何が入っているかが明確に分かるのは安心です。

夕飯
20130606_05.jpg


ネタはまだ半分くらい残っているので明日も餃子を食べます。

ぜんざい、作りました

去年の正月にも作って食べたんですが、美味かった記憶が蘇って今年も作りました。
最初はズルして缶詰が楽でいいかなと思ったのですが、年越しソバを手抜きのカップ麺でお茶を濁した反省からちゃんと作る事にしました。
20130103_01.jpg

いざ作ってみれば缶詰を買うより経済的だし作る楽しみもあって面白いです。
毎日が休みみたいなものなのですがこんなものを食べると、らしさ感が出て来てメリハリが付き良い気がします。
何より美味いですしね。

そういえばカップ麺の年越しソバですが、日付が変わるタイミングで食べるゾと思っていたのですが、油断してると、23時50分過ぎになってました。
で、慌ててお湯を沸かし3分待ってから食べ始めると日付けが変わる30秒くらいになってて何でこんなあわただしい事になってるんだ!?と笑いのこみ上げる年越しでしたw
20130103_02.jpg

デカ盛りチャーハン

ネットでブラブラしてて、美味いデカ盛りチャーハンに関するお店のレビューを読んでいる内にデカ盛りチャーハンを急激かつ切実に食べたくなってきた。
もう食いきれない、大満足だという感覚を味わいたいw

近場のお店を探していると、昔は凄かったが経営者が変わってデカ盛りじゃなくなったとか、デカ盛りのくせに妙に小洒落たお店だったりして、私が求める下町の大衆食堂・大衆中華店というのがどうにも引っ掛からない。

それなら、チャーハン作るの得意だし自分で作ればいいじゃん、値段も安上がりの筈だしと思ってデカ盛りを作ってみました。

所謂ネタ的な最初から普通人が食いきれないデカ盛りではなく、自分が何とか食いきれる量はどれくらいだろう?
良く分からんが、お米2合くらいあればお腹いっぱいになるだろうと思って作ってみた。
材料は玉葱1個、卵2個、ピ-マン1個、ウインナー3個、お米2合です。
※えっピーマン?って思う人もいるかもですが、彩りもいいしチャーハンに合うんですよ。
20121221_01.jpg
※こうして見るとそれほどでもないように見えますが、お皿が大きいので結構な量です。
24cmの中華鍋だと確実に溢れると思ったので、26cmのフライパンで作りましたがそれでもちょっと振ると溢れんばかりの量でした。


一心不乱、脇目もふらずに食べて完食、久しぶりに腹に目一杯詰め込みました。
思えばこんなに真剣にご飯を食べたのは久しぶりですw

そうしてデカ盛りチャーハンを食べたいという私の思いは無事に成仏し大変満足しました。

ジャンクな日

最近、節約及び体調管理の関係でお菓子とかジュースを控えていたのですが偶にはイイだろうという事で、今日はジャンクな日です。

単に堕落してるダケなのでは?という説もありますが、今月は今の所これ1回という事で息抜きです。盆休みですし(それは関係ないか)
お菓子
・アイス:グリコのパナップ(グレープ)
・ケーキ:知らない会社のクラムケーキ
・スナック:カルビーのサッポロポテトバーベQあじ
・ジュース:ダイドーのさらっとしぼったオレンジ

甘いものや油を使っているものなので、カロリーは全部で軽く1000kcalオーバーっぽくて、明日の体重計が気になるけど、まぁ今日は昼頃に目が覚めたり事の最初から色々と堕落しているので良しとしよう。

※実際、全部食べると流石にお腹が一杯でもう結構ですという状態になりますた。

それにしても最初に一番甘いアイスクリームを食べたからかジュースやケーキが甘く感じなかった、一番甘いのは最後に食べた方が良いのかナ!?、次回への教訓としておこう。

ハンバーグ、焦げ目へのこだわりが招いたもの

月初で食費に余裕があるので、今の内に肉を食おうと思いハンバーグを作りました。

ハンバーグは良く焼くと表面の焦げが酷くなる一方で、焼きが甘いと中まで火が通らない恐れがあるという板ばさみの料理である。

焦げ目を酷くしないで中まで火を通すには、フライパンで適度な焼き目を付けてから別途オーブンで中に火を通すという方法があるようだが、そのようなハイソ!?な機器は無いのである。

そこで根拠も無く思い付いたのが、ハンバーグをアルミホイルで包んで焼いたら良いんじゃない!?というものだった。
失敗1
アルミホイルを介在させる事で焦げ目を押さえつつも、その蒸し焼き効果でふっくらジューシーな仕上がりになると見込んでいたが、これが終わりの始まりだった。

そして、実際に出来上がったものは...、これは別にハンバーグが爆発して粉々になった訳ではありませんが、いずれにせよ、ハンバーグとは違う何か、というよりも豚のエサですか?、という代物だったのであるw
失敗ハンバーグ2
何故にこのような無残な事になったのか?、ハンバーグはしっかりと焦げ付きアルミホイルと一体化してしまい、ハンバーグとアルミを引き離そうとするとボロボロに崩れて原型を保てなかったのである。

という訳で今回の失敗から得られた教訓は、ハンバーグは普通に焼いて焦げ目をしっかり付けましょうという原点回帰なものである。
普通のハンバーグ

思い付きで調子に乗ると思わぬ落とし穴に落ちてロクな事にならないという事ですナ

懐かしい味「ハウスゼリエース」を再現する!

ここのところの暑さで、子供の頃に時々作って食べたハウスゼリーの事が急に懐かしく思い出されたので作ってみました。

これが本家・本元
ハウスゼリー
※懐かしい味です。今食べても美味しいと思う(ハウスと言えばシャービックとかフルーチェもあったなぁ、というか今でもあるみたいですね、今度作りたい)

再現用材料(かき氷用シロップとゼラチン)
材料
※ゼラチン量多過ぎw

作ってみました
再現

適当に作った割りには結構似通った見た目と味(と香りも)になったのが意外だった。
小さな幸せ、それならここにある、と思ったw

ハム作りに挑戦!

前からハム作りをしてみたいな~と脳内夢想をしてたのですが、ハム作りに関する私のイメージだと燻し用の専用チップや窯!?のようなものが必要で、天気の良い休日にでも庭にお父さんあたりがおもむろに出てきて作り始めるというハードルの高いものを想像していました。

しかし、こうした本格的な設備等何もなくても手軽にできるハムがある事を知ったので作ってみました。

鳥ハムという事で鳥の胸肉を使うのですが、
1.胸肉に下味を付けて寝かせる
2.しかる後に水洗いをして下味用に塗付した調味料を洗い流す
3.水に付けて下味に使った余分な塩抜きをする
4.沸騰したお湯の火を止めて胸肉を入れてお湯が冷めるまで放置
というだけのいたって簡単、手間要らずで出来上がり

鳥肉なのでとてもサッパリしてて美味しいし、下味を付けてお湯にさらしただけなのにちゃんとハムになっているのが不思議
鳥ハム

これは中々にイケますぞ。

参考にしたサイト様:超簡単!手作り鶏ハム

続きを読む